「転換に必要な5つのスキル」#4:理想の想像・創造力

更新日:2月12日

今の自分を変えたい!生活を変えたい!仕事を変えたい!

切実にそう願っていませんか?


でも…



「目標を立てても達成した試しがない」

「なかなか理想通りには物事が進まない」

「理想のパートナーが欲しい」

「仕事をステップアップさせたい」

「やりたいことに今年こそはチャレンジしたい」

「楽しいと思える仕事をしたい」


けど…


「本当に願えば叶うの?」

「どうすれば上手くいくの?




今まで夢や理想を願ってきたけど、目標を立ててきたけど
自分の未来設計や理想の叶え方を知らない

とすれば




自分・生活・仕事を

「変える」ための

チャレンジをすることができないかもしれません




このような状況に

今あなたがいるのならば

先ず


「理想の想像・創造力」

が大切なのかもしれません

 

本当にどんな未来でも手に入るのか?

 

世の中には

・未来創造

・引き寄せの法則

・願望実現

など夢や理想を叶える方法!は本当に沢山伝えられています



しかし、あなた自身はその方法を試して成功・結果を出していますか?



どんな未来でも手に入る!


と表現されていることもありますが本当にそうだと信じられますか?




私は今のところ

半分Yes。半分No。

という感じですが


新しいことにチャレンジする時・夢や理想を叶えたい時にはとても重要な方法だと思い

私自身も、その方法を試して実現したことがあります




「マイホーム」


こんな環境でこのような家を建てたい


たくさん想像して、妻と相談して、設計士さんにお伝えして、不動産屋さんにお伝えして、銀行にお願いして、

南側に土地が開けた景色の良い、冬でも子どもたちが裸で走り回れるような、温かい家を手に入れることができました


住宅購入には当たり前のことかもしれませんが



ただ、想像していなかった部分、詳細に詰め切れていなかった部分

そのような場所は、今でもまだ手付かず。草が生い茂って悩みの種になってしまって理想の状態がまだ定まっていません


 

自分の中にあるイメージを形にする

 

さらに、ビジネスを転換する時に

「多くのセラピスト」とともに働いていることをイメージしていました



独立した・信頼できるセラピストが集まっている。



ぼんやりとしたイメージでしたが

そのイメージを言葉にして、人前で宣言した



それから数年後には「癒しの匠」というセラピストが集まるイベントを主催していました





自分が想像・イメージしたものを形や現実に創造すること



このスキルを身につけることが


もっとやりがいややりたいことにチャレンジしたい

人生一度きり「起業したい」「独立開業したい」


そんな時にはとても必要だと思います



何故なら、サラリーマンの時には

事業を起こすことも、事業計画を立てることもほとんどありません



経営者が決めた

事業計画に沿って、作業をコツコツこなしていく人の方が多いと思います



つまり、自分が想像・イメージしてこんなことをやってみたい!

というものを実現させるためのプロセスを設計する=計画を立てるスキルが大切なのです

 

「こころ」の中にある羅針盤が必要!

 

想像・イメージを実現させるための計画は

お正月に「目標」「夢」「抱負」を語ってみた。というだけでは上手く行かないかもしれません



何故なら、


頭で考えてみた!こんなことやってみたい!


という程度では

残念ながら、途中で飽きてしまったり、忘れてしまったりするのです



自分が本当に信じている・大切にしたいと思う



「これがしたい!」

「これがやりたい!」

「これをやらないとおかしい!」



というような情熱や意志が羅針盤となって夢や理想に向かって歩み続けてくれるからです



それは、あなた自身がポジティブ思考・楽天家だから、実現するという訳ではありません


確かに、ポジティブな未来を想像しやすくなるのは事実だと思いますが、

ネガティブ思考・厭世家(えんせいか)であっても、こころの羅針盤に向かって、歩み続けることによって想像は現実化します

 

頭で考えたこと VS こころの声

 

極端な例ですが

「絶対上手く行かない」

「諦めよう」


と頭で考えていても

「どうしても諦められない」

「上手くいくまで頑張りたい」


と泣いたり喚いたりしながらも、最後まで努力を続けていく人もいます



それは、

こころの声が、「続けた先にある未来」を求めているからです





だから

情熱や意志を持ち続けていくことで、いつかどこかでは自分の夢や理想が叶う


と私はそう感じています


 

変えられるものと変えられないもの

 

ただ…

こころの声・羅針盤を大切にして

情熱や意志が

向き続けている方向にいけば

どんな未来でも手に入るのか?



と言われた時に

私の答えは先程と同じ

半分Yes。半分No。です


何故なら

変えられるものと変えられないものがある

から



それは

「宿命は変わらないが運命は変えられる」



と考えているからです



宿命とは、持って生まれた特性(性別・親子関係・血筋・出生地・遺伝的要因・先天的要因(メソッドマーカー)は変わることはありません



運命とは、生まれ持った特性の中でどのような立ち振る舞い・人生の選択をしていくのかは自分で変えられるものです



宿命って?

運命って?


と理解しにくい事でもありますので



私は様々な人が同じような格言を残している、ヒンドゥー教の教えが理解しやすいと考えています


 

心(意識・思考)が変えることで人生が変わる

 

心(意識・思考)が変われば、態度(姿勢・言葉)が変わる。態度(姿勢・言葉)が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格(性格)が変わる。人格(性格)が変われば、運命が変わる。


運命が変われば、人生が変わる


【ヒンドゥー教の教えから引用・一部改変】




こころの羅針盤の方向を変えることで、態度や行動・習慣・人格・運命

そして、人生が変わる


ということになります



ただ、人生という壮大なものはコロッとそう簡単に変わるものではありません

むしろ、そんなに変わってしまったら、日常生活は天変地異のような嵐が毎日訪れているかもしれません



更に、人生は一人で完結できることはなく

多くの人や出来事など「巡り合わせ」「タイミング」「チャンス」「流れ」

全てのコントロールが難しく、自分の意志とは関係なく巡ってくるものではあります



自分のこころが変われば、全てを変えられるという訳ではありません



私の大好きな作家本田健さんの言葉をお借りすると

「ランデブーポイント」



相手がいたり、時代背景(テクノロジー)など全てをセッティングできる訳ではありませんが、出会う時・出会う場所の準備を



「今」できることの中で最大限行うことで、



理想の未来が、タイミング良く出会える可能性が増し、あなたが望む恩恵を受け止めることができるかもしれないということです




こころの羅針盤が指し示す

夢や理想に向かって、自分が望む人生に向かって



「できない」ことを「できる」ことへ、「ない」ものを「ある」ものへ転換するために、理想の想像・創造力というスキルを用いて


「幸せな成功への人生設計」

をすることが心地よい日常に転換する時に必要なのかもしれません



 

心地よい日常に転換する時に必要5つのスキル

0:プロローグ

1:ストレスマネジメント

2:感情のコントロール

3:強み:才能発掘力

4:理想の想像・創造力

5:行動力

 




なお、私が「仕事を変えたい!」と思い切って

15年勤めた総合病院を辞めて、念願だった理想のセラピーを提供する『小さなサロン 庸(みち)』を開業した時のお話をこちらでしています

もしこちらもご興味のある方はこちらをチェックしてみて下さい



依存から自立へ

自分を育て「自分らしい人生」を取り戻す方法

無料メルマガになります

「心地よい日常に転換する時に必要5つのスキル」の内容を学び続ける旅で出会った情報や森田自身の体験談をお送りしています


メルマガの登録はこちらから



閲覧数:14回0件のコメント