top of page

雪かきの肩・腰痛ケア【前を緩める】ことが優先

雪かきや寒さの影響で


身体のあちこちが痛い。


肩や背中〜腰の痛み

更に

ふくらはぎがパンパンだ!



という方は

先ず肩や腰など身体の後ろに出ている『痛みのある部位ではなく』

雪かきのあとは


身体の【前を緩める】ことが優先です



1:胸・腹・股関節の筋肉を緩める

 *ほぐす・温める

2:身体の前を伸ばす→後ろは緩む

3:後ろの痛みのある部位・浮腫んでいる部位を緩める

 *ほぐす・温める





 

雪かきの姿勢や動作は前のめり

 

雪かきの動きは

膝や腰を曲げて、前のめりの姿勢で

行うことが主になります




・スコップ

・ラッセル

・ダンプ


使う道具によっても

身体の痛みの出方は変わってきますが




多くの場合

腰や肩に痛みが出て



ぎっくり腰や肩痛が発生するかもしれません





だから

腰や肩(特に後ろ)を

・ほぐしたり

・温めればいい

と考えると思いますが



先ずは

股関節やお腹・胸の筋肉の緊張を緩めること

を優先させてみてください




何故なら

押したり、持ち上げる時にはかなり

前面の筋肉を使いますし

緊張状態では人は身体を丸める姿勢を取ります





イメージとしては

【ボクサー】です




首をすくめて

肩を丸めて

少しかがんだ姿勢を取る状態で

重たい雪を運ぼうとしているのです




そのため

身体は縮こまり、前が伸びにくく・開きにくくなるのです


 

雪かきは筋トレだけれども....

 

『雪かきが筋トレ・ダイエット効果的な5つの理由を解説!』


by Beautiful BodyMake




上半身

体幹

下半身



全ての部位に対して

雪かきの動作が

トレーニングになる



ということが書いてあります




雪かきは全身運動=筋トレです



だから定期的に

雪が降れば

ダイエット!?にも効果あり!

とも考えられます



ただ...

恐怖を感じるほどの

大雪や寒さを経験すると



そんな悠長なことは言えません



そして

運動やトレーニングの後のような

爽快感はなかなか得られないまま



身体が強張り・ガチガチで

明日も明後日も過ごすことになり

なかなか痛みは消えないかもしれません



 

緊張感を緩めて【前が開く】→背中は張らない

 

痛みのある部位である

肩や腰に施術やセルフケアを行うことは

間違いではありません



ただ、

戦いモードになっていて

丸まろうとする姿勢を

強引に伸ばしたり

筋肉を緩めようとしても

結果が継続しません




特に肩や腰をマッサージ・ストレッチして

筋肉をほぐしても

すぐに緊張して硬くなっていきます





だからこそ

お腹や胸・股関節の緊張感を緩めて


【前が開く】姿勢をとること

自然と後ろの筋肉は緩んでくれます





そしてその後に

しっかりと後ろの筋肉を

もみほぐしたり

温めてあげると

痛み物質や老廃物が流れ出して



楽々した身体に戻れるようになります


 

まとめ

 

雪かきのあとは



1:胸・腹・股関節の筋肉を緩める

 *ほぐす・温める

2:身体の前を伸ばす→後ろは緩む

3:後ろの痛みのある部位・浮腫んでいる部位を緩める

 *ほぐす・温める



例えば、お風呂に入って胸やお腹、股関節をマッサージしてから

身体を反る・胸を張るストレッチ。

その後に、肩や腰の筋肉を揉みほぐす・大きく動かす



と効果的です



この順番で

頑張った身体をセルフケアしてみてくださいね





ちなみに

雪かきの後のオススメは

「波動温熱整体」

ほぐして・温める



疲労困憊の時にはバッチリだと思います




寒い時には90分・120分

汗をかくほど温めると

身体は楽々・軽々して

また動き出すことができます




施術・セッションの予約方法やお問い合わせは



①:ネット予約(予約可能状況がリアルタイムで確認→すぐに予約確定ができます)


②:LINE登録→トークでメッセージ(返信に時間がかかる場合があります)


③:電話 (電話に出れない時は折り返しご連絡させていただいます)






お店の情報やセルフケア・マネジメントなどをお伝えするメルマガ

「からだとこころの声に耳を傾ける」

よければ登録してみて下さい

週2回お送りしております





自分も生活も仕事も「今を変えたい!」

心地よい日常に転換する時に必要な5つのスキル


クヨクヨする沈み込んだ自分を手放して

平凡な同じ毎日が繰り返される生活を変え

やりがいのない作業・嫌な人間関係を我慢している仕事を辞めて


もっとやりがいややりたいことにチャレンジしたい

人生一度きり「自分を転換したい」と考えている方であれば

参考になるのではないかと思います




0件のコメント